<< 温泉を飲む/ドセクシー編。 | home | ヒラメ is 高級魚 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

温泉を飲む/ドセクシー編ファイナル!



「与一温泉ホテル」は平成3年創業の比較的新しい宿である。

なんでも、初めは民宿をするつもりだったのが、

「いっぺん地面を掘ってみっぺ」という軽いノリで掘ったところ大当たり。

PH(ペーハー)9を越えるアルカリ性単純温泉が、

毎分330リットルも出てしまったのである。


 なにか、温泉が出る確信でもあったのかと聞くと、

「偶然ですよ。ヤマ勘でラッキー!」とのこと。

 人生、なんでもやってみるべきだね。


ホテル名の「与一」の由来は、

「弓の名手、那須の与一の出身地だか墓だかがここにあるのさ」らしい。

 そのアバウトさが、ナイスな温泉宿なのである。

もちろん、内湯、露天風呂とも源泉賭け流し。





その賭け流しだからこそ困ったことになることも。

「源泉が45度もあるんですよ。
だから、冬の露天風呂は少しぬるく、夏はちょっと熱くなるのが難かな」

 つまり、人口調節(加水や加温)しない天然自然のままの温泉のため、

適温と言われる42度ちょうどには温度が保たれないのだ。

当然といえば当然だが、

いつでも適温に調節している日帰り温泉などに慣れた人は、ちょいとびっくりするかも。







 そんな話をしている間に夏川ちゃんが着替えを終えた。

「もう、着替えた?」と廊下から声を掛けると「は〜い。大丈夫です」と黄色い声。
 
いそいそと女風呂に入るとバスタオルを巻いた夏川ちゃんの姿があった。

 …色っぽい。

 と見とれているわけにもいかず、すぐに露天風呂に連れ出し撮影開始。

 ほんの20分ほどで終了。

 しかし、濡れたバスタオルを巻いた女性の入浴姿。

素っ裸よりエロティックに感じるのは私だけだろうか?

 いつもならここで「じゃ、俺も入るから」といいながら、

「イテテテ、妙な引っ掛かりがあってパンツが脱げない!」と、

ギャクの一発もカマすのだが、本日は中止。

 終始撮影に立ち会っていた事務所の社長に怒られそうだからね。









 飲泉は、廊下に冷やした温泉水が誰でも飲めるように置いてあった。

これが、口当たりもよくあの硫黄独特の臭みもない飲みやすさ。

普通の水と言われてもわからないだろう。

しかし、これが、体にいい。

「この温泉を飲み続けて、

インスリンを打たなくてもよくなったという糖尿病の方もいらっしゃいますよ」と宿の人。

その効果が口コミで広がり、お客が増えている。

他に温泉水の宅配もしており、これが人気という。

 糖尿病の他には動脈硬化症や痛風、便秘には、てき面に効く。

だからといって、飲みすぎるのもよくはない。

 一般に、「飲泉」は一回にコップ一杯。日に2〜3杯が適量とされている。

 成分が濃い温泉水だと、飲みすぎるとまれに下痢を起こすこともあるから要注意。










==========================
与一温泉ホテル。
栃木県大田原市佐久山3123-2
TEL 0287-28-2621(代)
1泊2食で10,000円から
泉質…アルカリ性単純温泉
効能…美肌、慢性皮膚疾患、糖尿病、動脈硬化症など。
アクセス…アプリで調べてくれ。
宅配…20リットル4,000円
温泉スタンド…1リッター50円。
==========================

JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS