<< 次回!後編は、ディナー編! | home | 「伝説の水」を飲む!!/ 前編 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

踊る!東京湾の釣り!/完結編。






さて、釣りの醍醐味は、まだまだ続く。いや、これからが本番だ。

クーラーに入ったメバルとカサゴ。こいつらを食わなけりゃいけない。




それで釣りは完結。





30センチのカサゴは刺身だろう。

メバルと小さなカサゴは煮付けに決定。




♪タララッタッタ〜、

♪タララッタッタ〜、



おおっと、筆者の中でキューピーの音楽が流れてきたぞ。


「大原利雄の3分間クッキング」といこう。




1.まずは魚の内臓とエラと鱗を取って身に切れ目を入れる。

2.次に、切ったしょうがを酒、醤油、みりんをそれぞれカップ2分の1と水を、

カップ3分の1を混ぜた煮汁に入れて強火のガスにかける。


3.ここでもうひと手間。

鷹の爪を2本砕いて(ここポイント!)入れてひと煮立ち。

そうすると、ぴりりと辛い甘辛煮魚になるって寸法。

ご飯が何杯でも入る絶品煮魚。辛党のグルメならお試しアレ。

 あとは、中火にして魚を入れ落し蓋をして約15分。それで出来上がり。

 刺身は、3枚に卸して切るだけ。新鮮なカサゴはプリプリの白身。




ゴクリ。




生ツバ、ごっくん。

エロい意味じゃないよ。

これが、うんまいのである。


とくと、ご覧あれぇ〜!!
















 
家族で団欒。週に一度の魚尽くし。

もちろん、食卓の魚はきれいになくなった。

クーラーの中の魚もキレイになくなった。


「地図アプリ」
を起動させて本日の自分釣り地図を確認する。


何箇所か新たなカサゴメバルポイントが登録されていた。



フフッ。


ふふふふふ。



ぬわーハッハッハッハ!







今回は釣れようが釣れまいが、このポイントを探るのが目的だったのだ。

これで、船代を払わずにメバルとカサゴが釣り放題ってわけだ。

なんて俺は頭がいいんだ、ガハハ。


 これで、いつでも釣りに行けるぞ!と喜んだのも束の間。

釣り地図を見ていて、ある重大な事実に気がついた。
 

なんてぇ〜こったい!

「船がなけりゃ…、行けねぇじゃん!」


お後がよろしいようで(笑。





【釣り後記】
===============================
訪れた街に数箇所の街が加わった。
前回の富山温泉旅行で50位に急浮上した為、
これでまた順位が上がったと思いきや、
なんと反対に53位に順位が下がってしまった。
「なんてぇ〜こったい!」という事態に。
うかうかしてると100位に後退しそうな状況にちょいと焦り気味?

【キャンペーン】http://mdp.its-mo.net/campaign2008puchi/
===============================


JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS