スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

遥かなるフロンティア


8月某日の早朝。

富山の折立登山道入り口に、私はいた。

相棒はデレクター兼プロデュサー兼カメラマンのたった一人。

彼は、ビデオを構えて私の孤高の姿を撮影中。

今回は、私のDVDを作成する為のロケであった。

私の最高傑作との呼び声も高い、

「誰も行けない温泉」
(小学館/誰も行けない温泉命からがら。


誰も行けない温泉前人未湯。誰も行けない温泉最後の聖泉の3部作)シリーズ。

そのDVD版を作るのである。


と、ちゃっかり宣伝しておきつつ(よろしくね笑)、

その記念すべき1湯目がこの「日本一遠い温泉 高天原温泉」なのであった。

 今まで、テレビやラジオ、主催者が何を勘違いしたのか講演までこなしてきた私。

今さらカメラの前で緊張することもないが、やはりここはカッコよくいきたい。

この日のために「ファイアーフォックス」社に頼み込み、

カッコイイ山用のウェアを一式借りてきてもいたのだ。

一着ン万円のジャケットやベスト、ズボンまで。

 う〜ん、カッコイイ。

そして、いよいよ高天原温泉へアタックだ!!







ルートは薬師沢小屋から「大東新道」というほとんど道のない川原を通って、

途中高天原峠を越える道を行く。



雨の中、川原沿いのルートは増水がちょいと不安だが、

小屋の人に聞くとまだ大丈夫ということで、出発した。

ザンザン降りの雨。

カッパを着ているが中は蒸れ蒸れ、

汗でずぶ濡れとなったシャツはべっとりと体に張り付き、

足を止めるとその冷たさに身震いした。

かなり気温も下がっている。

 双方、無言。

黙々と歩を進める

得意のギャグも出ず。

ただひたすら上る。息が切れる、顎が上がる。

それでも上るしかないのである。
















なんで、温泉に入るためにここまで苦労する?

Tell me why?

その答えはどこにある?

Where is the answer?







やがて、峠の頂上。


あとは高天原山荘に向けて下りのみ。

ピッチが上がった。自然に足が速くなる。

 そして、雨に煙る湿地帯に一本の木道が…。先の森の中に赤い屋根が見えた。

「高天原山荘」であった。

 とうとう辿り着いた最終目的地。



山荘に入って、カッパを脱いで早速着替え。吐く息が白くなるほどの寒さである。




 高天原温泉。日本で一番遠い温泉に到達したのだ。



俺は、やった!。やった!。


立派な湯船。白濁した源泉から湯煙が上がっている。
 
服を脱いで、ザブン!





「超〜、気持ちイイッス!」

 北島選手、おめでとう!。俺も温泉アスリートの仲間入りだ!

 喜ぶ私を、相棒のカメラが狙っている。

 ここで、締めのコメントが必要だろう。

「とうとう2日目にやっと温泉に入れました。この気持ちいいこと…。言葉では表現できません!」
 相棒がニッコリしながらOKサインを出している。

「この温泉の気持ちよさはまったく、癖になりそうなほどです」

 相棒は、いよいよ相好を崩す。

「しかし、それを味わう為には、かなりの苦労が伴うのも事実。

汗を流す為に汗を掛け!。温泉とは、闘いだ〜!」

「はい!OK!」

 最後がよければすべてよし。時間が許すまで湯を楽しむ。

 しかし…。

 体は癒されたが心は憂鬱。

 なぜならば、帰りも2日の山登りが待っているのだから…。





追記…今回は、携帯アプリはまったく用をなさず。だって、圏外だもんね。
JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

遥かなるフロンティア。


「どこの温泉が一番いいですか?」と、よく聞かれる。

はっきり言って答えようがない。

 温泉は、それぞれいいところもあるし悪いところもある。

それに、いいか悪いかは趣味趣向の問題。

好みは各人各様だからである。

万人が悪いと思っていても本人が気に入っているなら、

それはそれで文句を言う筋合いのものではないだろう。



「日本で一番遠い温泉」



 これが、今回のテーマである。

 「一番遠い」というキーワードだが、これも各人各様の意見があるだろう。

すぐに思いつくのは北海道や南のトカラ列島などの最果ての温泉。

北海道で言えば、

世界遺産の知床半島にある「カムイワッカの湯滝」を思い浮かべる人もいるかもしれない。

 だが、私の選んだのは富山県の温泉。

その名も「高天原温泉」。

えー、また富山〜?と、拍子抜けするなかれ。

なぜ、この温泉なのか。

お答え。

歩いて2日もかかる温泉なのである。

文明の利器は一切使用不可能。

頼れるのはおのれの両の足のみ。

それも完全な山道。舗装など一切なしの山岳温泉。

スニーカーでは、まず到達不可能。

完全山装備必須のマニアなら一度は行きたい垂涎の温泉である。

 これを、遠いと言わずして、何を遠いと言うのか。

そこには壮絶ストーリーが待っていた!

次回、お楽しみに!!






JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

ヒラメ is 高級魚

ヒラメの刺身。

鮃

 初めて食べたのは何時だったっけ…。

 まったく、覚えてない。

確実に言えるのは、18で上京するまでは、食べたことがなかった。

 貧乏だからとか、そんなつまらん理由じゃない。

今から考えれば、今は亡き我が母の薫陶であったのだ。

 私は、上京するまで「アナゴ」が「うなぎ」だと信じ込んでいた。

そして、東京で「うなぎ」を初めて食べた時「これアナゴだろう?」と、

ケチをつけて怒られたことがある(これは実話である)。

 その夜、早速、田舎のお袋様に電話した。

「かあちゃん、今まで騙したな!家で「うなぎ」っていって食べさせてたアレ、実は「ア
ナゴ」だったんだろう!」

「な〜にをいっとる!アナゴもうなぎも同じ形をしとろうが!小んまい事で、男がうじゃうじゃ言うな!」

 見事な逆切れである。ましてや男がどうとか関係ない。

「でも、味が全然違うぜ!。うなぎってやつぁ〜、アナゴのン十倍も旨かったよ!」


「それぁな、お前…」と今度は優しく諭すようにお袋様が言った。

「気のせいや」

 …負けた。


ヒラメの刺身





JUGEMテーマ:地域/ローカル

Posted by 大原利雄 | comments(0) -

温泉を飲む/ドセクシー編ファイナル!



「与一温泉ホテル」は平成3年創業の比較的新しい宿である。

なんでも、初めは民宿をするつもりだったのが、

「いっぺん地面を掘ってみっぺ」という軽いノリで掘ったところ大当たり。

PH(ペーハー)9を越えるアルカリ性単純温泉が、

毎分330リットルも出てしまったのである。


 なにか、温泉が出る確信でもあったのかと聞くと、

「偶然ですよ。ヤマ勘でラッキー!」とのこと。

 人生、なんでもやってみるべきだね。


ホテル名の「与一」の由来は、

「弓の名手、那須の与一の出身地だか墓だかがここにあるのさ」らしい。

 そのアバウトさが、ナイスな温泉宿なのである。

もちろん、内湯、露天風呂とも源泉賭け流し。





その賭け流しだからこそ困ったことになることも。

「源泉が45度もあるんですよ。
だから、冬の露天風呂は少しぬるく、夏はちょっと熱くなるのが難かな」

 つまり、人口調節(加水や加温)しない天然自然のままの温泉のため、

適温と言われる42度ちょうどには温度が保たれないのだ。

当然といえば当然だが、

いつでも適温に調節している日帰り温泉などに慣れた人は、ちょいとびっくりするかも。







 そんな話をしている間に夏川ちゃんが着替えを終えた。

「もう、着替えた?」と廊下から声を掛けると「は〜い。大丈夫です」と黄色い声。
 
いそいそと女風呂に入るとバスタオルを巻いた夏川ちゃんの姿があった。

 …色っぽい。

 と見とれているわけにもいかず、すぐに露天風呂に連れ出し撮影開始。

 ほんの20分ほどで終了。

 しかし、濡れたバスタオルを巻いた女性の入浴姿。

素っ裸よりエロティックに感じるのは私だけだろうか?

 いつもならここで「じゃ、俺も入るから」といいながら、

「イテテテ、妙な引っ掛かりがあってパンツが脱げない!」と、

ギャクの一発もカマすのだが、本日は中止。

 終始撮影に立ち会っていた事務所の社長に怒られそうだからね。









 飲泉は、廊下に冷やした温泉水が誰でも飲めるように置いてあった。

これが、口当たりもよくあの硫黄独特の臭みもない飲みやすさ。

普通の水と言われてもわからないだろう。

しかし、これが、体にいい。

「この温泉を飲み続けて、

インスリンを打たなくてもよくなったという糖尿病の方もいらっしゃいますよ」と宿の人。

その効果が口コミで広がり、お客が増えている。

他に温泉水の宅配もしており、これが人気という。

 糖尿病の他には動脈硬化症や痛風、便秘には、てき面に効く。

だからといって、飲みすぎるのもよくはない。

 一般に、「飲泉」は一回にコップ一杯。日に2〜3杯が適量とされている。

 成分が濃い温泉水だと、飲みすぎるとまれに下痢を起こすこともあるから要注意。










==========================
与一温泉ホテル。
栃木県大田原市佐久山3123-2
TEL 0287-28-2621(代)
1泊2食で10,000円から
泉質…アルカリ性単純温泉
効能…美肌、慢性皮膚疾患、糖尿病、動脈硬化症など。
アクセス…アプリで調べてくれ。
宅配…20リットル4,000円
温泉スタンド…1リッター50円。
==========================

JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

温泉を飲む/ドセクシー編。



ふっふっふ…。隠微な臭いがするぜ。

「池袋」ってのがいいね。

ちょいと埼玉の泥臭さが臭う響きじゃないか。

男と女の湿った密会には、池袋がよく似合う。

男女の仲は、あくまでも失楽園。

 
 時間通り現れたのは、ピチピチのギャ〜ル!(死語か?)。




名前は、夏川なみちゃん 21歳。

バストはド〜ン!の90センチ!

ウエストはキュ!の60センチ。

ヒップはプリリンの88センチ!






おっと、あんた、池袋の男たちが、全員振り返ってんじゃない。

この俺を見つけたみたいで手を振ってんジャン。

おうおう、周りの男たちの視線が俺に突き刺さる〜!


 快・感!


 小走りでこちらに来る目立つ美形の女。



しかし、、、


その後ろから2人の間を遮るようにのっそり現れた人影がひとつ。

「どうも、本日はよろしくお願いします」と差し出された名刺を見ると、

モデル事務所の社長さんだった。

 あれ? いつもはモデルさんと2人っきりの温泉取材なのに…




社長「今日はうちの事務所、初めてですから、同行させていただきます」
筆者「え?、はあ?」
社長「ご不満、ですか?」
筆者「め、滅相もない!」


 信用されてないってことなのね。まあ、いいけど…。

こうして2人の間は、極度の温暖化でサハラ砂漠と化してしまったのである。

この美女と温泉に行く企画は恒例で、

筆者が担当している某雑誌で連載の温泉取材である。

その取材で毎回モデルを使っており、我が人生で唯一、

若くてかわいい女の子と温泉宿にいけるチャンス(日帰りだけど…)なのだ。

車中の会話もノリノリで、

「取材が終わったら一緒に混浴しよ〜よぉ〜」とかいいながら口説いてたのに、

事務所の社長が一緒じゃ…。

 …などと、口が裂けても言えるわけがない!

あくまでも、紳士に、ニコやかに車に乗って出発した。


「地図アプリ」で調べると池袋駅から「与一温泉ホテル」までは160キロと出た。

距離がでるってのもいいね。

流石は地図のゼンリン、ゼンリンといえば地図である。

と、軽くヨイショして「1日ゼンリン社長」を狙いつつ(笑。


160キロといえば、時間にして2時間半はかかる。

首都高5号線経由で東北道の矢板IC下車。

料金は4,000円。「目的地」でホテル名を入力するとちゃんと出た。

いっちゃ悪いが、あまり有名ではないホテル。

ほう、この「地図アプリ」は有名無名に限らず網羅してるってことだ。
 
 車は、東北道をひた走る。







筆者「今日も暑いですね〜」
社長「そうですね」
筆者「……」
社長「……」
 
…空気が重い。

筆者「ところで、夏川ちゃんは、どこ出身?」
(すかさず)社長「うちの夏川は、北海道なんですよ」


うう・・・気を落ち着かせる為にタバコに火をつけて一服深く吸い込んだ。
筆者「じゃ、夏川ちゃんは東京に来て…」
社長「半年だよね。なみ?」
 
ううううう…会話をやめた。そのまま2時間以上…。





次回、ついに!!

バスタオル1枚!!



ドセクシー編パート2は、お楽しみに!!
(ひっぱるデ〜笑




JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

ズバリ、温泉を飲む。 〜前編〜



 温泉は「浸かる」もの。

一般的には、そう思ってるだろう。

しかし、温泉とはそれだけではない。

「飲む」ことも、ひとつの活用法なのである。

温泉は、古来から飲むものだったのだ。

それが今、再び注目され始めている。


このことを「飲泉(いんせん)」という。


読んで字の如く「湯を飲む」ことである。これが、効く。

「健康は水から」なんていわれてきた。

他郷、アウエイな土地で体調を崩した時なんか、

「水があわない」と言うでしょ。

ね?

考えてみれば、人体の半分以上は水分。

水によって体調がよくなったり悪くなったりするのも当たり前なのかも。

 その点、温泉は天然の温かいミネラル水。

人間に必要な滋養分を多量に含んだ大自然の贈り物なのである。

 今回の温泉は、その飲泉できる宿。


「与一温泉ホテル」だ!


栃木県の矢板市にある一軒宿で、訪れるお客は湯に浸かり、そして飲んでいる。





 当日の待ち合わせ場所は、池袋の東口。

誰とだってか?。えへへ。美人のお姉さん。

今回は某雑誌の温泉取材でモデルの子が同行しちゃうのです。

次回、ド・セクシー編を、お楽しみに!!



JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

「伝説の水」を飲む!!/ 後編



日本水と書いて「やまとみず」という。

埼玉が全国に誇る湧き水「日本水(やまとみず)」を目指すことになった。

なんつーか、こう、

日本と書いて「やまと」と読ませるところが本格的な感じがする。

伝えられるところによれば、日本武尊が喉の渇きを覚えて剣で地を突くと水が出た。

その水はあまりにも冷たくて日本武尊が1杯しか飲めなかった伝説があり、

「一杯水」とも言われるそうな。

伝説は胡散臭さプンプンだが、味はいい。

それがタダというのだから、






そりゃ、もう、あーた、行かないわけにはいかないよね。








 花園ICを降りて140号線を秩父方面へ。

つまり、川を左手に見てひたすら西に進むと大きな橋がある信号にぶつかる。

 右側の道路沿いに小さな「日本水」という看板(かなりわかり難い)が目印。

その信号を左折して橋を渡り突き当りをまた左。

道は山へと続きすれ違いができないほど細くなる。

しかし、舗装はされており普通車でも大丈夫。

やがて、小さな集落を通り過ぎ、山へ上がる蛇行した一本道を進むと、

民家の下に蛇口の並んだ場所に着いた。

 これが「日本水(やまとみず)」であった。







 簡易な屋根の下に蛇口が数個並んでおり勝手に水を汲んで行くシステム。

その水源は釜伏山山頂あたりの岩盤という。

そこから湧き出た水流をこの水場まで引いているのである。
 
かなりの人気の湧き水スポットで、埼玉はおろか東京からも汲みに来る人も多数おり、

週末などは行列ができるほどらしい。

 この日は、先客が2組ほどいる程度だったが、

この湧き水目当ての人の車は途切れることがなかった。


 ここで「地図アプリ」を起動。

場所の登録したのはもちろんである。

「これで迷わず来れるぞ!」 といっても、一本道だから迷う方が難しいのだが…。
 

筆者「さあ〜て、次は川だ」

「その前に買い物をしなきゃ」と女房。
 
しかし、初めての土地でどこにスーパーがあるのかさっぱりわからない。

車で走り回っていれば見つかるかもしれないが、いかにも効率が悪いだろう。

ならばと「地図アプリ」を起動。

「周辺探索」で「生活用品」に進み「スーパー」を検索。

すると、現在地を中心に付近のスーパーが複数地図で示された。

これで、無駄に探さなくても大丈夫。

まったく、至れり尽くせり便利な「地図アプリ」である。

緑のナビホニャララだと、こうはいかない!?

 再び140号繊線で東へ戻る。


そして「地図アプリ」で示されたスーパーに一発で到着。

「どんなもんだい! 俺に任せとけ」と俺。

「すごい!ステキ!ついでに、ここの払いも任せたわ!」と女房。

ったくー、仕方ねえな。









買い物を無事終え、一日中、川で遊んで、帰宅したのは夜だった。
 
とりあえず、湧き水も汲んできたし川遊びもできた。

その分財布が軽くなったが、まあ、しょうがない。

早速「地図アプリ」→「エクストラ」で「PC同期」させる。

家なのでPCを立ち上げサイトにログイン。

本日走ってどのぐらい地図が赤く塗り潰されたのか。

 ワクワクする瞬間だ。そして埼玉の表示が出た。そして結果は…。

 まったく増えていなかった。

大分西へ走ったと思ったのだが、既存の町を行ったり来たりしただけだったと判明。

「こりゃ、本格的にマズイ!」


 一発奮起。次回は、大遠征することに決めた。




Posted by 大原利雄 | comments(0) -

「伝説の水」を飲む!!/ 前編


まずい。

ヒジョーにまずい。

プチプチキャンペーンの順位が下がっている。

 最初20位だったのだが、いつの間にか54位に。

「新たにイロイロと塗りつぶしているのに!」である。






こりゃ、なんともマズイ。

夏休み、燃料高騰の時代でも、みんな旅行をしているんだなあ。

3ケタ代に後退するのも時間の問題か!?

「どげんかせんといかん!」とは、わかってはいるのだが…。


うーむ。

これはもう、割り切って大人の夏を満喫する為にクーラーをガンガンにし、

昼間からビールを飲むことにした。

冷蔵庫から発泡酒(我が家では、これを真正ビールという)を取り出し、

プルトップを押し下げたところでちょうど女房がご帰宅。




女房「な〜にやってるのよ!」と怒り出した。
筆者「だって、夏だし、やることないし…」
女房「だったら、家族をどこか連れて行なさいよ」
筆者「え〜!、外暑いし〜…」

 



・・・・外出することに決まった(汗)。

暑い夏には涼しい場所に行く。

とくれば、キーワードは「水」。


 なら、普通は川か海となるが、さにあらず。

水は水でも目指すは「湧き水」。

そう!今回は「山の湧き水」を汲みに行くことにした。

「で、どこの?」と、なぜか水汲みなのに、

いそいそと水着やらタオルやらをバックに押し込みながら女房が聞く。




筆者「そうだな。埼玉あたりかな」とこちらは気のない返事。
女房「あら、意外と近いわね。じゃ、これも必要ね」とテントを引っ張り出してきた。
筆者「埼玉に水汲みに行くだけなんだけど…」
女房「じゃ、これも持っていかなくちゃ」と次はバーべキューセットを準備。
筆者「いや、あの、埼玉…」
女房「食材は、現地で買うわよ。ちょっと、その大型クーラーに冷却材入れて」
筆者「大型って…」
女房「カメラにビデオ。あ、それと日焼け止めのクリームと夜には懐中電灯も必要ね」
筆者「あんた、どこ行くの?」



 
何やかやと車に荷物が満載された。

日帰り湧き水汲みと突然決まったプチ川遊び旅行なのに、

まるで、夜逃げである。



猫のペロリンは爆睡しているが・・・・








しかし、まあ、子供も女房も喜んでいるのにここで「水を差す」こともできまい。

 関越の練馬ICから一路花園ICを目指した。

「地図アプリ」では、埼玉県はすでに行った事になっている。

しかし、それは埼玉を縦断しただけで東西の町は真っ白のまま。

ということで、今回は埼玉の西の町を塗りつぶすことにした。

 しかし、所詮日帰り旅行。

大して白い地図が赤くはならないと思うが、それで順位下落が止まれば儲けもの。

おりゃ!

こんなに塗れた!








さて、行き先は「伝説の水」を求めて某所に突撃する。

後半に続く(ちびまるこひゃんのナレーター風に)。







JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

踊る!東京湾の釣り!/完結編。






さて、釣りの醍醐味は、まだまだ続く。いや、これからが本番だ。

クーラーに入ったメバルとカサゴ。こいつらを食わなけりゃいけない。




それで釣りは完結。





30センチのカサゴは刺身だろう。

メバルと小さなカサゴは煮付けに決定。




♪タララッタッタ〜、

♪タララッタッタ〜、



おおっと、筆者の中でキューピーの音楽が流れてきたぞ。


「大原利雄の3分間クッキング」といこう。




1.まずは魚の内臓とエラと鱗を取って身に切れ目を入れる。

2.次に、切ったしょうがを酒、醤油、みりんをそれぞれカップ2分の1と水を、

カップ3分の1を混ぜた煮汁に入れて強火のガスにかける。


3.ここでもうひと手間。

鷹の爪を2本砕いて(ここポイント!)入れてひと煮立ち。

そうすると、ぴりりと辛い甘辛煮魚になるって寸法。

ご飯が何杯でも入る絶品煮魚。辛党のグルメならお試しアレ。

 あとは、中火にして魚を入れ落し蓋をして約15分。それで出来上がり。

 刺身は、3枚に卸して切るだけ。新鮮なカサゴはプリプリの白身。




ゴクリ。




生ツバ、ごっくん。

エロい意味じゃないよ。

これが、うんまいのである。


とくと、ご覧あれぇ〜!!
















 
家族で団欒。週に一度の魚尽くし。

もちろん、食卓の魚はきれいになくなった。

クーラーの中の魚もキレイになくなった。


「地図アプリ」
を起動させて本日の自分釣り地図を確認する。


何箇所か新たなカサゴメバルポイントが登録されていた。



フフッ。


ふふふふふ。



ぬわーハッハッハッハ!







今回は釣れようが釣れまいが、このポイントを探るのが目的だったのだ。

これで、船代を払わずにメバルとカサゴが釣り放題ってわけだ。

なんて俺は頭がいいんだ、ガハハ。


 これで、いつでも釣りに行けるぞ!と喜んだのも束の間。

釣り地図を見ていて、ある重大な事実に気がついた。
 

なんてぇ〜こったい!

「船がなけりゃ…、行けねぇじゃん!」


お後がよろしいようで(笑。





【釣り後記】
===============================
訪れた街に数箇所の街が加わった。
前回の富山温泉旅行で50位に急浮上した為、
これでまた順位が上がったと思いきや、
なんと反対に53位に順位が下がってしまった。
「なんてぇ〜こったい!」という事態に。
うかうかしてると100位に後退しそうな状況にちょいと焦り気味?

【キャンペーン】http://mdp.its-mo.net/campaign2008puchi/
===============================


JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

次回!後編は、ディナー編!

次回は釣った魚の料理編です!


これと「白いゴハン」さえあればOK牧場の巻!!


お楽しみに!





JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS