スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

踊る!東京湾の船釣り/中編。

 
一般に船釣りは、釣りの玄人というイメージがあるが、それは昔の話。




確かに一昔前は、

漁師上がりの気の荒い船長に怒鳴られながら釣りをするマニアックな世界だった。

だが、世も変わり船宿も変貌をとげた。

 船釣りのよさはどこにあるのか。

それは、船長が魚のいるところに連れて行ってくれるのである。

ハイテク魚探を駆使し、

長年の経験と「海の男の勘」で釣れるポイントを探し出し、釣らせてくれるというわけである。
 実は、この船に乗るのはこれで3度目。
(釣り船内木の読みは「ナイキ」が正解でした)

 顔を覚えてもらった「中乗りさん」の上杉さんと以下のような会話をした。

ちなみに「中乗りさん」とは、船上で釣り人のお世話をする人。初心者にも教えてくれる。

大概は釣りの名人だと思って間違いない。

上杉さん「釣れてるよ。うまい人は50ぐらいはいくんじゃない?」と釣況を教えてくれた。

筆者「50尾?。困ったあ〜。そんなに釣れたらどうしよう」

上杉さん「はは、あんたは心配する必要ないよ」

筆者「……」






 まあ、いい。

 とにかく、朝の7時に船は出港した。



実は東京湾は、豊穣の海なのである。

大体魚屋に並ぶ魚はほとんど釣れる。

一時期、ヘドロなどで汚れてしまい「死の海」になったこともあるが、

現在は魚も戻り普通の海へと回帰した。

 よく「東京湾で釣れた魚は食べられるのか?」と聞かれるが、全然問題ない。

中国製ギョーザより安全なのだ。
 
船は1時間と少しで東京湾を突っ切って横浜辺りのポイントに到着。

船上に船長のアナウンスが流れる。合図で仕掛けが一斉に海に飛んだ。

 仕掛けというのは魚を釣るための針と糸の組み合わせをいう。

今回は15号の錘をつけた「胴付き仕掛け」という仕掛け。錘も仕掛けも船で買える。

餌はモエビとドジョウ。ドジョウはカサゴが食ってくるしエビにはメバルが食ってくる。





 魚は、海底の岩礁に潜んでいるため、

錘が底に着いたら糸をピンと張りそのまま食ってくるのを待てばいい。

 女子供、健康なら年配の方だってできちゃう簡単な釣りなのである。

 さて、ここで携帯を取り出す。

「地図アプリ」を起動。現在位置を出しGPSを更新。そして、この場所を登録。

メバルとカサゴのポイントをゲット〜!。

これで、船宿の秘密のポイントを暴き、

「自分だけの釣り地図」ができるってわけだ。ワーハッハッハ! どうだ、すごいだろう。





ちなみに東京湾の海の上は携帯の圏内。十分通話もできるし、メールもできるのである。

 ブル、ブルルと魚が食ってきた感触が手に伝わった。

これが…、イイ。

すごく、、、イイ。 

心臓がドキンと高鳴る!。
「キタ〜!。目薬どこだ〜!」というボケにだ〜れも反応してくれず、

ちょいと寂しい思いをしたが立派に釣り上げたカサゴは30センチほどの大物だ。

 さあ、次だ次! また、ブルル。

 今度はメバルをゲット。

メバルゲットで一人悦に入っていると、突然、トモ(船尾側)の方で歓声が上がった。

押っ取り刀でいってみるとなんと「カマス」が釣れているではないですか。

「誰だ! こんなギャグをカマスやつは!」
 
…無視された。 もう、やめよっと。





 ところで、魚はずっと釣れているわけではない。

やはり自然のもの。

どんなにいいポイントでも、釣れることもあれば、釣れないこともある。

 魚がいるのに餌を食べたり食べなかったり。

潮の流れ、濁り具合などその原因は様々あるが、ようは魚の機嫌次第。

そんな状況でもやはり釣れる人は釣れて釣れない人は釣れないのだ。

これが、腕の差というもの。
 
その腕だが、魚にアピールするような餌の動かし方(「誘い」という)や仕掛けの工夫など、

これはもう経験を積むしかない「神の領域」なのである。


 船長は、腕に関係なく全員が釣れるポイントを探して海の上を転々と船を走らせる。

そのたびに携帯の「自分の釣り地図」には登録ポイントが増えていく。

 午後2時過ぎに沖上がり(終了)。

再び1時間以上かかって朝の桟橋に帰着した。

全員重くなったクーラーと、少し凛々しくなった海の男オーラを纏って家路に着く。

 聞いたところでは竿頭(一番釣った人)は55尾という。かなりの豊漁だ。










釣り船内木
桟橋住所 船橋市高瀬町21
電話 047(429)1354
船長携帯 090(2209)1378
釣り物、時間、料金は問い合わせのこと。
http://www.geocities.jp/naikimaru/
Posted by 大原利雄 | comments(0) -

踊る!東京湾の船釣り/前編。



青島ぁ〜!!!!


湾岸工場地帯が現れた。

「地図アプリ」でホームページにあった住所を検索した結果である。

千葉県の船橋市高瀬町21。これが、船宿の所在地だという。






名前は「釣り船・内木」。

読みが、「ウチキ」なのか「ナイキ」なのかが大事なところ。

一字違いで大違い。

「ウチキ」だと、ナーバスな船長が「人生ってさ…」と船上で語りだしそうな感じだし、

「ナイキ」なら、会った瞬間「オ〜、イエ〜!」とか言いながらハイタッチしてきそう。 

どちらも、嫌だ。
 
とにかく、だ。 

この内木はメバルとカサゴを狙って出船中らしい。





 今回は釣りである。

釣りと地図アプリが何の関係があるのかといえば…。

これが、あるといえばあるし、ないといえばまったくない。

 ハハ、どっちやねん!。と、ここで関西人なら突っ込みが入るところ。

これポイントね。まあ、最後まで読めばわかるはず。

筆者なりの戦略と戦術を持って今回の参戦なのである。





 
 さて、まずは釣りだ。狙うのはメバルとカサゴ。

どちらも「根魚」といわれる魚種である。

根魚とは、海の岩礁地帯に棲んでいるからそう呼ばれる。

従ってサバやアジほどには魚屋さんには並ばないのである。

 それはなぜか。理由は簡単。

漁場が岩礁地帯だから網を入れるわけにはいかないからだ。

すぐに岩に網が引っ掛かるし、そうなれば当然破れるだろう。

 たまに力瘤の入ったイナセな魚屋でお目にかかることもあるが、これが意外に高い。

一尾800円とかすることもある。

 この魚たちは、海の底の岩場に隠れて上から落ちてくる餌を待っている。

だから、釣り方は餌の付いた針を彼らが潜む海底に落とせばいい。

すると、「ラッキー!」ってな感じで魚がパクッと餌を食ったつもりが、

私に食われるというわけだ。







 実地で確認できる食物連鎖。

「魚はスーパーにいるんじゃない、現場にいるんだ!」
「青島ぁ〜!」
「ムロイさん、飲み込んだレインボー針、元にもどせません!」

 早朝6時ごろにナビの通りに岸壁に着いた。

そこには何にもない。海側を見ると何やら船が何隻か舫っている。
 
そのうちに、釣り人と思しき車が集まりだし、あっという間に岸壁の駐車場が満車に。
 桟橋へ続く鉄柵が開かれるとゾロゾロと釣り人が桟橋に降りていく。
 
そこに内木の船が浮いていた。やがて船長も到着。

一気に岸壁が釣りモードにスイッチオン。

釣り人それぞれが竿を出しリールやら仕掛けやらのチェックに忙しい。

 この日の釣り人、つまりお客は私を含めて20人。

満船である。何を隠そう「釣り船内木」は人気の船宿なのである。

その秘密は、とにかく、まったくの初心者でも釣りを教えてくれて釣らせてくれること。

これに尽きる。道具もすべて貸してくれる。

極端に言っちゃえば、

クーラーとお弁当だけ持っていけば釣りが楽しめるレジャー船なのである。



後半に続く!!







JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

次回の予告!!


次回はっ!!!



踊る!! 東京湾、船釣り大作戦です!!


猫まっしぐら!!!

って、寝てるやん〜!

JUGEMテーマ:地域/ローカル


Posted by 大原利雄 | comments(0) -

「祖母谷温泉」(ババダニオンセン)/後編。



歩いてしかいけない秘湯中の秘湯。

それが「祖母谷温泉(ババダニオンセン)」である。

「歩いてしかいけない」この響きが川口隊長を思い出させ、ワクワクを増幅させる。


出発地は宇奈月温泉。

ここに黒部渓谷鉄道のトロッコ列車の始発駅がある。

終点は欅平、あとは徒歩で約50分という行程だ。

トロッコ列車の料金は、片道1,660円。ちと高い。

が、まあ、なんたってあんた、秘境だもの。

それを座ったままさらに景色を楽しみながら行けるっていうんだから、まあ許せるだろう。

運行は1時間に1本ほど。

途中、目も眩むような鉄橋を渡り濃密な緑の中を抜け、

見上げる大峡谷を走破するトロッコ列車。

これはこれで十分楽しめるのだ。終点までは約1時間20分。

トコトコと揺られ、万年雪やダムを横目に黒部の第三ダムがある終点欅平に無事到着。

何気なく携帯を取り出してみるとなんとアンテナが3本も立っているではないですか!

早速地図アプリを起動させ測位してみると立派に現在位置が表示された。







恐るべし、ドコモ携帯。

あんた、昔はいっぱい人が死んだ魔の山でっせ。

当時、これがあれば何人も死なずにすんだものを…。

「教えて〜、くだ〜さい〜」ああ、さだまさしの歌が聞こえる…。

思わず合唱…。じゃない!。歌ってどうする!。合掌。

 ついでに、地図を変換。エクストラの地図モードをクリック。

標高地図モードにするとアラ不思議。

まるで鳥になったように現在位置を3CDで俯瞰できるのだ。

黒部の山々が名前付きで描画され、気分は鳥よ、鳥なのよ〜!。

と、まあ、そんなとこだ。

何に役立つかといえば…。

別にない。

ようは、気分だ、気分!

快適な地図アシスト。







さて、携帯画面を見るより黒部の大自然を見よう。ということで歩き出す。

 道は大雑把に舗装され林道というレベル。

実際、砂防ダム工事の車両が行き来しており険しい箇所もない。

少し行くと、ダム工事の関所のようなものが出現。

工事の兄ちゃんが「この先に行くならヘルメット被っていってね」と話しかけてきた。

なんでも、落石の危険があるという。さすが秘湯。

落石、OK! どんとこいだ! ヘルメットで秘湯感もグッとアップ。

ということで、

ヘルメットを被って汗を流しながらダラダラと上りが続く林道をひたすら歩く。

人喰い岩という奇岩の下を通り300メートルというクソ長いトンネルを抜けると、

川の対岸に建物が見えた。それが「祖母谷温泉」だった。







「祖母谷温泉」

江戸時代には、一部にはその存在が知られていたが文字通りの「幻の秘湯」だったという。

というのも、当時黒部は加賀藩の所領で、

「奥山廻り役」という特別な役人以外は入れない「入山禁止」の山だったせいだ。

役人のナビゲーターたちも「山の様子、口外無用」ということで厳しい統制を受けていた。

今に微かに伝えられるところによると「奥山廻り役」の一行が、

黒部の見回りに入山した際、祖母谷温泉に2、3泊して温泉を楽しんだということぐらい。

その他、昔の黒部のことは温泉に限らずその性格上、一切が謎に包まれている。

やがて時代は明治になり、

ようやく一般の人も黒部に入れるようになると「祖母谷温泉」に小屋ができた。

それが、明治37年ごろのこと。

その後、何度も小屋を川に流されたりと黒部の自然に翻弄されながら現在に至る。

現在は、宿というよりは、山小屋といった方がぴったり来るだろう。

事実、白馬岳や唐松岳登山の基地として重宝されている。内湯はひとつ。

露天風呂は川沿いに男女ひとつづつ湯煙りを上げている。

もちろん、すべての湯船が、白い湯の花が舞う源泉掛け流し。

泉質は単純硫黄泉。神経痛、打ち身、切り傷などに効くが「慢性皮膚病」。

つまりアトピーなどにかなりの効果がある。

夜、痒くて眠れないような患者もこの湯に入るとその夜からぐっすり眠れるほどとか。

飲めば血糖値が下がり糖尿病に効く。




1泊2食で8,400円。岩魚の骨酒と塩焼きが名物。

宿泊したなら、ぜひ味わうことをお勧めする。

 一通り話を聞き写真を撮った後に携帯を取り出してみると、さすがに圏外だった。

この温泉は測位できず。さすがに秘湯ということか。

 立ち去る前に、露天風呂に入った。温度も絶妙。湯の花が舞う源泉は透明無色。

硫黄の臭いもほとんどなく、かなりさらりとした温泉だ。

飲んでみると、癖もなく味もしない。しかし、健康にいい。

短い夏の日差しをいっぱいに浴びて、まさに極楽気分。










 さて、やはり気になるだろう。

それは「祖母谷」があるなら「祖父谷」もあるのかということ。

実は、ある。「祖母谷」の横の渓谷が「祖父谷」だった。

宿はちょうど両谷の流れが出会う合流部に位置していた。

不思議なことに、「祖母谷」は川辺を掘ればどこでも温泉が出るのに対し、

「祖父谷」には温泉がほとんど出ないという。

その代わり、岩魚がいるらしい。魚釣りの穴場で過去に47センチの大物が釣れたという。

反対に「祖母谷」には魚はいない。温泉で川が酸性になっているからだと思われる。

谷をひとつ隔てただけでガラリと性格を変える黒部の大自然。なかなか面白い。






「祖母谷温泉」(ババダニオンセン)
富山県黒部市宇奈月町宇奈月祖母谷
電話0765-62-1038(シーズン中)
泉質…単純硫黄泉
効能…神経痛、打ち身、切り傷、慢性皮膚病、糖尿病など
1泊2食で8,400円
日帰り入浴は500円。
開湯期間は、6月初旬から11月3日まで(要問い合わせ)
Posted by 大原利雄 | comments(0) -

「祖母谷温泉」(ババダニオンセン)/前編。



「地図アプリ」を起動させ「現在地を見る」をクリック。

すると、自宅の地図が表示されすぐにGPSを更新。

次にメニューに戻りナビの「ナビをする」をクリック。

出発地は現在地(GPS)、目的地はフリーワードで宇奈月温泉と入力し検索。

画面には宇奈月温泉に関するリストがズラズラと出るがここは適当に選んで目的地に設定。

そして、車のみで検索すると高速料金と当着予想時間が出た。

あとは、音声案内と画面案内に従って車でひた走るだけ。








普通のカーナビとまったく同じである。

まことに便利。手の平の中に日本を握っているようなもの。

日本のどこにでも携帯一個持ってりゃ迷わず確実に行けるっていうわけだ。

だがここで、もう一ひねり。

この世知辛い世の中、何とかもう少し費用を安くするのが賢い旅人だろう。

ヒントは高速料金。実は、このお金が節約できる。それは、ずばりETC割り。

関越自動車道練馬ICから上越自動車道の黒部ICまでの約360キロ。

普通なら7,750円 だが、深夜割を使うと4,650円になるのだ。

つまり、3,100円のお得ってわけ。

得した3100円で、何か美味いモンとビールでも(多くの場合、妻にたかられるのだが・・)。





 夜明け前に宇奈月温泉に到着。

道中、カーナビと携帯のナビを並べて走る。

カーナビはともかく、携帯ナビの性能に驚いた。

カーナビとまるで遜色がない性能を発揮したのである。

なぜ携帯ナビを起動させていたのか?

実は、この携帯ナビ。

自分の行った場所が日本地図上で塗りつぶせるサービスがあるのだ。



つまり、日本国の塗り絵口紅



なんてことないもんだが、なぜか、一度やったらやめられない。

というのも、全国で同じ事をやっているユーザーがおりその中で順位があるのだ。

上に上がれば(日本地図をたくさん塗りつぶすほどに順位も上がる)賞品もあるという。

ちょいとした、旅のこだわり。また、旅の思い出というか。まあ、旅のスパイスである。


 さて、今回行くところは「日本の最後の秘境」といわれる黒部渓谷。


と、続きを書きたいところだが、

手伝ってくれる「スタッフゥ〜!」もいないため、続きは後編で。


週2回ぐらい更新していくかのーう。


次回は8/4(月)の予定です!



後編は、秘湯の実体験、効能など現地の画像を、

たっぷりと載せ、ズバリと書いていくのでお楽しみに!!!




====================================

ちなみに、

文中で書いた地図の「塗り絵」を下記でキャンペーンしているようだ。












Posted by 大原利雄 | comments(0) -
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS